· 

Blender 1 ブレンダー1

Blender STLファイル インポート

上の図は、以前紹介した、

RhinocerosのプラグインFlamingo(試用版)でレンダリングした3DCG。

現在、3DCAD・CAMはRhinocerosを、5〜6年使用している。

モデリングも自由に作る事ができるし、

創出するNCプログラムも、楽器製作には充分である。

しかし、レンダリング(3Dモデリングに色や質感を加えて3DCG表示する)に関しては、

もっと踏み込んだ処理を行いたいので、ソフトを探していた。

条件は、STLファイルを読み込み可能、Mac対応、安価であるという事。

色々と探した結果、フリーソフトのBlenderを試す事にした。

Rhinocerosで作った、各パーツ図面をSTLデータで書き出しを行い、

Blenderで読み込んでいく(インポート)。

書き出したSTLデータファイルは40個ほどになった。

ネックとボディを読み込んだ図。

木部は、NC加工に使用している3Dデータなので、精密に作り込んだもの。

続いて、ブリッジ・ペグを読み込む。

パーツのモデリングに関しては、細かいディティールは簡略化している。

フレットとポジションマークを読み込み。

弦も含めて残りのパーツを読み込む。

読み込んだ各パーツに、色や質感を加えればリアルな3DCGになるはず。

これから、Blenderのレンダリング操作をマスターしていくのだが、

中々に奥が深そうなので、じっくりと取り組みたい。

オーダー時のプレゼンテーションや、新モデルのデザイン等、

利用価値は大きいので、早くマスターして、活用していきたい。